読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療ビジネス

医療や介護の諸問題について解説します。講演の依頼もお受けしております。

在宅医療の看護師

介護 医療

在宅医療で活躍する看護師には、在宅療養支援診療所で医師と行動を供にする看護師と訪問看護ステーションで在宅へ訪問する訪問看護師がいます。

 在宅療養支援診療所の看護師は、医師の補助として看護業務を行い、訪問看護師は医師による訪問看護指示書を元に看護業務を行います。 

 訪問看護師の仕事は、病気や怪我等で在宅で寝たきりの方、医学的管理やリハビリが必要な方、病気や療養生活に不安を抱えている方、あるいはそのご家族のケアとサポートを行うためにご利用者の自宅に直接訪問して、一人ひとりにあった看護を提供することです。 ケアの内容は要介護者によって様々ですが、具体的には、

  • 医師の指示に置よる医療処置(インシュリン注射・点滴等の施行・血糖測定ほか)
  • 血圧・体温・脈拍などのバイタルチェック
  • 医療機器(在宅酸素、人工呼吸器、持続点滴、膀胱カテーテル
  • 褥瘡管理 在宅でのリハビリ(拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練ほか)
  • 認知症ケア(認知紹介後の相談、事故防止のための工夫)
  • 低栄養や運動機能低下を防ぐためのアドバイス 療養上のお世話(食事、洗髪、入浴の介助ほか)
  • 終末期の看護(ターミナルケア

など多岐にわたっています。この訪問時に家族から相談を受けることがしばしばあるようで、次の訪問先へ遅れることがしばしばあります。看護師さんも人ですから様々な性格の人がおられますが、今までの経験上さっぱりした性格の人がいいようです。

 

 実は、これ以外にも「コミュニティナース」が日本に芽生えつつあります。この記事を読んだ時、涙が出るほど感動しました。ぜひ、日本に定着してほしいものです。

 

www.huffingtonpost.jp

 

facebook : https://www.facebook.com/yamazaki.hayama

twitter  : @gennesaretcare