医療ビジネス

医療や介護の諸問題について解説します。講演の依頼もお受けしております。

ジェネリック医薬品に関して

ジェネリック医薬品が一般の人にも認知されてきて久しい。昔は、特許が切れたあとにゾロゾロと出てきたので、ゾロ品と言われてきた。後発医薬品メーカーが、このイメージを払拭するために新たにこの名称にしたのか、もともと海外でジェネリックという言葉が使われてきたからなのか知らないが、今はゾロ品という名称を知っている人はおそらく僅かだろう。

そのジェネッリク医薬品が普及しなかった理由として一番あげられるのが、品質の問題だろう。先発メーカーは研究から合成、開発、製造に至るまでかなり厳しい品質管理をしているが、ジェネリックメーカーは小さな企業が多いために、ここまで品質管理に力を入れるだけの資金がない、品質管理を厳しくすればそれは原価に跳ね返ってきて、ジェネリック本来の安価な製品はできなくなる。

そのようななかで、国の医療費政策の一環としてジェネリックの普及を後押しすることによって、この問題はクリアされつつある。私もあるジェネリックメーカーの製品説明を聞くことがしばしばあるが、今は先発メーカーと比べても遜色がないと感じる。このように感じている医師は相当数おられるようで、ジェネリックメーカーが積極的に工場見学などを進めているがかなりの申込数があるということである。